ふるさと青汁の特徴や成分は?

青汁としては、いろいろな商品が販売されていますが、ここでは、特に人気が高い、ふるさと青汁について詳しくご紹介しましょう。

特徴

ふるさと青汁の特徴は、明日葉の栄養素を全て取り出していることです。

明日葉は、むくみを改善する効果やダイエット効果があると言われていますが、ふるさと青汁の場合には、この栄養素を明日葉の葉以外に根っ子からも取り出しています。

生命力が高い明日葉の根っ子からも惜しみなく栄養分を凝縮しているふるさと青汁であれば、恩恵を美やダイエットに興味がある現代の人たちも受けられるでしょう。

ふるさと青汁の特徴は、桑の葉は国内産のものを使っていることです。

桑の葉は、中性脂肪を下げたり、便秘を改善したりすることで知られており、ふるさと青汁だけでなく、いろいろなサプリメントや食品などで使われています。

このような桑の葉も、農地の厳選されたところから採取しています。

材料

明日葉

ふるさと青汁の材料は、明日葉の八丈島産のものを使っています。八丈島産の明日葉は、体にいいと江戸時代から伝わっている緑黄色野菜です。

名前は、生命力が芽を摘んだ場合でも新しい芽が明日には出るというくらいあることに由来しています。明日葉には、ケールという野菜の王様よりも多く栄養素が含まれています。

特にポリフェノール栄養成分のカルコンには、むくみに効果があり、体に溜まっている老廃物を取り除く栄養素のカリウムなどがいいバランスで含まれています。

ふるさと青汁の場合は、最もこのカルコンが多い茎や根も葉と一緒に原料にしています。

桑の葉

桑の葉は、脂肪が溜まるのを抑える1-デオキシノジリマイシンと言われるDNJの成分が含まれています。

桑の葉としては、特に島根県産のものが有名で、ミネラルやビタミン類以外に、多くクエルセチンマロニルグルコシドというフラボノイドの1種が含まれています。

大麦若葉

大麦若葉は、阿蘇山の火山灰と潮風の風土で培ったビタミン類とミネラルなど、多く食物繊維が含まれている有名な熊本産を使っています。

食物繊維

多くの食物繊維がふるさと青汁には含まれています。食物繊維としては、水溶性と不溶性がありますが、アンバランスになると便秘に余計になることがあります。

他の食品に比較して、明日葉、大麦若葉、桑の葉の場合には、いいバランスで水溶性と不溶性の食物繊維が含まれていますが、食物繊維の不溶性の分量が緑物であるためかやはり多くなります。

難消化性デキストリン

これをカバーするために、難消化性デキストリンを配合しています。難消化性デキストリンは、原料がデンプンの安全性が確かめられている食物繊維の水溶性のものです。

難消化性デキストリンは、人工的なものであるため心配と思うかもしれませんが、原料にこれを加えた場合でも国で特定保健用食品になることが認められているため問題ありません。

直鎖オリゴ糖

直鎖オリゴ糖は、低粘度で低甘味、さらに保湿性が優れている食品素材です。全ての加工食品に使用されており、安全性が確かめられています。

成分

ふるさと青汁に含まれている成分は、40%が明日葉、10%が桑の葉、10%が大麦若葉、40%が直鎖オリゴ糖と難消化性デキストリンになっています。

主な成分の明日葉は、普通の青汁の代表的な材料として有名なケールに比較してもいい栄養バランスで、しかも高い栄養価があるため、普段の食事においてよく不足する栄養素を満遍なく摂れます。

また、カルコンというポリフェノールの一種の成分が明日葉の根には含まれていますが、このカルコンには強い抗酸化作用の成分が含まれているため、体の中に溜まっている老廃物を排出する効果以外に、動脈硬化を防ぐなどの健康を保つ効果も期待できます。

そして、クマリンというもう1つの成分も、むくみを無くす効果や抗酸化作用、さらに炎症を抑えたり、病気から抗菌作用で遠ざけたりするなどの効果が期待できます。

なお、明日葉には、これ以外の大切な成分として、水分の余分なものを体の外へ排出する働きを促進するカリウムや、便秘を無くしたり、お腹をスッキリさせたりする効果が期待できる食物繊維が含まれているため、綺麗に体の中からなって十分に栄養を補うことできる体質になる効果があります。

良い口コミ、悪い口コミ

良い口コミ

私は、5000万杯突破感謝記念キャンペーンをしている期間にふるさと青汁を買いました。1箱ふるさと青汁を買うと、約6週間も続けることができたため、お得であると思っていました。

しかし、調べてみたところ、14包分が現在でもプラスになっているため、お試しが同じようにできます。

飲む方法としては、毎日夜に御飯を摂る前に飲むことを基本にして、たまに昼に御飯を摂る前にも飲んでいたので、約1か月で飲み終わりました。

飲む方法でダイエットに効果があるものとしては、ふるさと青汁を食事の30分程度前に飲むことです。このようにすれば、食事の時には、大盛りを摂りたいというような食欲も出てきません。

このため、半分に御飯を少なくすることもできたため、スムーズにダイエットもできました。逆に言えば、ふるさと青汁に食事を置き換えられると、さらに短い期間でダイエットができるでしょう。

悪い口コミ

ふるさと青汁は、美味しい味である、飲みやすいなどというような魅力があり、悪いところが何も無いように感じるかもしれませんが、悪いところをあえて言うと、シェーカーのオリジナルのものがついていないことでしょう。

私は、別の青汁を買った際についていたシェーカーがあったため問題ありませんでしたが、ふるさと青汁を初めて買った場合には、青汁をシェーカーなしで飲むようになります。

そのため、初めてふるさと青汁を買う場合には、シェーカーをまずは買っておきましょう。

お得な買い方

ふるさと青汁を買う場合には、「とくとく便」と「通常便」の方法があります。「とくとく便」とは、ふるさと青汁が定期的に届くものです。

価格が「通常便」よりも1割安くなり、1箱30包みで3990円の価格が3591円になります。毎月、あるいはひと月おきに届くサイクルを選択でき、いつでも中止や変更ができます。

しばらく継続しなければ、結構中止や変更ができない商品が多くありますが、ふるさと青汁の場合は、いつでも初めから中止や変更ができることが魅力です。

そのため、この「とくとく便」を初めから利用すると、安く安心して買うことができます。ふるさと青汁の公式サイトによれば、初回限定キャンペーンとして、2週間分のサンプルが付くようになっています。

このキャンペーンは、初めてふるさと青汁を買う場合には、2週間分14包がサンプルとして付いているものです。商品が届いた場合には、まず2週間分14包を試してみて、満足できない場合は商品を返送できます。

また、返金保証もあるため非常にお得と言えるでしょう。

よくある疑問Q&A

ふるさと青汁はどのような特徴があるのでしょうか?

ふるさと青汁は、まるごと八丈島産の明日葉を使っていることが特徴です。茎、葉だけでなく、年に一回量がわずかしか採れないような根っこまで使っています。

また、桑の葉は島根県産のもの、大麦若葉は大分県産のものを使うなど、バランスよく国産の材料を配合しています。余すことなく自然の恵みを摂り込めることが特徴です。

明日葉はどのようなものでしょうか?

明日葉は、セリ科の野菜で、八丈島がもともとの原産です。体にいい八丈島特産の野菜として、江戸時代よりよく知られていました。

滋養豊富な八丈島の土壌で育成された明日葉には、普段の食事のみでは摂れないミネラル、ビタミン、食物繊維などの栄養素がたっぷり含まれています。

明日葉の根っこや茎をどうして使うのでしょうか?

主な明日葉のカルコンの成分が多く含まれているのは、根っこ、茎、葉の順番です。根っこは、特に生命力の旺盛な源であり、わずかの量が年に1回のみしか採れない大切なものです。

ふるさと青汁はどのような味でしょうか?

ふるさと青汁は、抹茶の感じで飲むことができる、くせがない味です。また、苦味がないので、飽きないで毎日でも飲めると、好評を多くのお客さんからもらっています。

ヨーグルト・牛乳などと一緒に飲んでも、美味しいものです。

どの程度1日に飲むといいのでしょうか?

食品であるため、決まりは特にありません。体調に応じて飲みましょう。

どのような人でも飲めるのでしょうか?

材料は植物由来のものだけを使っているため、幅広く小さな子どもさんから年配の人まで飲むことができます。野菜が不足している人の場合には特におすすめです。